最後の1本。テストだけじゃあわからんです。①

こんばんは^^
難関大学受験LIBERA(リベラ)塾長の山﨑です!

今日は6月21日。何の日か気になって調べたら、

な!

なんと!

本日は

本能寺の変(1582年天正10年6月2日)

が起こった日なんですね!
調べてみるものですね!まさかそんな日とは!

ぜひあなたも調べてみてください^^
他には応仁の乱(1467年応仁元年5月20日)が起こった日でもあるようです。

さてさて、実は昨日久しぶりに歯医者さんに行ってきました!
最後の1本の親知らずを抜くために。

で、昨日は結局抜かなかったのですが思ったのは

すごい歯医者さんを紹介してもらったなぁ〜Σ(・ω・ノ)ノ!!

ということです。

まず何にびっくりしたかというと、診療室がすべて

個室

部屋にはやや大きめの絵が飾ってあり、部屋の上の方はガラス張りになっており
開放感もあるというとても贅沢なつくりでした。

診察台の目の前にはモニターが。
どうやらこれで私の口腔内の様子を説明してくれる用でした。
まっ、テレビ番組を見る用じゃないのはわかってましたがね…

そして、とてもやさしい歯医者さんで
とりあえず私の口腔内をチェックしてもらうわけです。
その後は軽く問診をして、治療!といくかと思いきや…

ここから普通の歯医者さんと違うところでした。
簡単に言うと、

めちゃくちゃベストを尽くそうとする歯医者さん

なんですよ。意味不明ですよね(笑)

何が始まったのかというと、
まずのその歯科医院のコンセプトですね。で、そのためには必ず
○○と△△と□□をやっていただいて…
経過を診て・・・
で、これなら大丈夫!という状態で治療が行われるのです。

その歯医者さんも言ってもましたが、
うちはなかなか治療してもらえない歯科医院とも言われたりします(笑)と言ってました。

確かに話を聞いている限り、これはなかなか時間がかかりそうな気がしました^^;
これ、気が短い人だと無理かもしれません。

ただ話を聞いているうちに、確かにそうだ!ということが何個も出て来たんです。
その中でも一番ヒットした言葉は、

口腔内や症状は一人一人違いますから、しっかり調べてからやらないと大事な歯を痛めてしまい
一生使うことができない可能性が出てしまいます。

とおっしゃっていました。
この歯科医院のコンセプトは、

予防のための歯科医院

だそうです。治療が必要になったから来るのではありません。
治療が必要ないようにするために通う歯科医院です。

この考え方は、経営的にみても素晴らしいのですが
完全に勉強に通ずることでは?と思っています。

ちょっと長くなってしまいましたね(笑)
続きは明日また書きます^^;

なんでみんな塾予備校に通って成績が伸びないのか?
ヒントはこの歯医者さんにありそうですよ!

難関大学受験LIBERA(リベラ)は難関大学を目指す塾です。
どんな学校に通われていても、上位の大学を狙っていく方のサポートしたい
という思いでやっております。

ぜひ一度ご相談にいらしてください。
JR新松戸駅より徒歩4分の近さです。
お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA